TOP

ネットローンの借り入れの手順について

ネットローンで借入をする手順は、カードローンで借入をする手順とは少し異なる部分があります。
カードローンの場合には、ATMにカードを挿入し、そしてその場で現金を手にするというのが一般的でしょう。
カードを使ってすぐに現金を手にすることができる手軽さが人気を集めています。
ネットローンがカードローンと異なっている根本的な部分はカードがないということです。

ILLUSION incカードがありませんから、ATMへ行ってもすることはないのです。
では、実際にはどのような手順で借入をするのかというと、手続きはインターネット上で行うことになります。
インターネットにアクセスし、そしてウェブサイトにログオンして借入の申し込みを行います。
申し込みをすれば振込みの手続きがとられます。
このときに、現金で受け取りたいと思ったのであれば銀行などの口座を指定します。
そして振り込まれればその口座から現金を引き出すというようにして受け取ることになるのです。
ネットショッピングの代金を支払うというときであれば、ネットローンのウェブサイトから直接振り込むことができる場合もあります。
このように、カードがないだけカードローンとは異なる部分がありますが、インターネットの操作に慣れている人ならカードローンよりもネットローンのほうが便利だと感じることも多いでしょう。

Read More
TOP

ゆうちょ銀行での貸し出し審査について

カードローンサービスで、借り入れをすることができる金融機関はたくさん存在しています。
カードローンサービスを利用できる金融機関として特に有名なものでは、ゆうちょ銀行という銀行系の金融機関があります。
ゆうちょ銀行カードローンの特徴として、知名度や資金力による安定した資金供給と一般市民からの信頼があることが挙げられます。
これは借り入れを行った時の金利にも影響しており、利用者が多いということはそれだけ金利を低く設定しても儲かるということで、支払利息に関係してくる金利が低いことは魅力的です。
ゆうちょ銀行でカードローンサービスを利用するには、まず始めに貸し出し審査を申込む必要があります。
貸し出し審査を申込むことができる条件として、20歳以上の成人であること、正社員として働いていることが基本です。

また、他の金融機関での借り入れが多すぎると審査に通ることは難しくなります。
ゆうちょ銀行のカードローンサービスを利用するには、安定した収入があり年収が多いことや勤め先の勤続年数が長いほど審査に通りやすく、利用できる限度額が高くなります。
先に述べたように金利が低く設定されているため利息が安いことから、しっかりと返済できる人を金融機関側は判定します。
その結果審査に通ることができれば、有利な借り入れを行うことができます。

Read More
TOP

キャッシング履歴とブラックリスト

キャッシングサービスを利用して、何度も繰り返し返済期日を遅れて消費者金融から何度も督促状などを送るようになったとしたら、時間やお金にルーズな人だと感じてしまうでしょう。
そうなると、たとえそこで完済することができたとしても、次にまたキャッシングサービスを受けられるかというとそうではありません。

chdr031-sやはり、お金や時間にルーズだと感じている人にお金は貸しにくくなるのは当然です。
キャッシング履歴の記録を共有しているため、それはどこの消費者金融も同じような扱いをされる可能性があります。
そうなることを一般的に「ブラックリストに載る」といいます。

現実にはこのブラックリストというのは存在していないと言われています。
真実は金融会社で働いているごく一部の人にしかわからないものです。
このように、キャッシングサービスで返済を滞ってしまうと、それがすべての消費者金融にも知られてしまうわけです。
ブラックリストが本当にあるのかないのか真偽のほどはわかりませんが、すべての審査で落とされてしまったらその人の将来はブラックアウト(停電)したような気分に陥ってしまうでしょう。
だからこそ、返済は計画的に実行していくことが大切なのです。

Read More
TOP

融通が効くようになった都市銀行の返済方法

最近は都市銀行でもカードローンを始めており、契約者数が伸びていることと高い金利が期待できるという理由で、収益が減退気味の中で期待の融資形態です。
都市銀行のカードローンに人気が出ている一番の理由は、信販会社のように貸金業法に基づく総量規制の影響を受けないという事もあるのですが、それだけではなく従来の銀行では考えられなかったような柔軟な対応をするようになってことも挙げられます。
その最たる例がカードローンの返済方法です。
銀行で資金調達すると通常はその銀行で普通預金通帳を作成し、返済はそこから引落をすることが一般的です。
住宅ローンとかの大型ローンの場合ですと引落不能を防ぐためか給与振込口座の変更まで要求してきます。
しかし、カードーローンの場合は自行や提携銀行のATMのみならずコンビニのATMからでも毎月の返済をすることができます。
具体的には毎月定められた期日までに、設定された返済額をATMから入金する方法で返済するという返済方法が可能になったのです。
カードローンを作った都市銀行にわざわざ預金通帳を作る必要もないですから、毎月その通帳に一定額を入金するような手間も省けます。

このような返済方法を都市銀行が認めるようになったという事自体が驚きですが、傘下に収めた信販会社の営業手法が、このようにカードローンに生かされているというわけです。

Read More
TOP

キャッシングの利用をしたときは一括払いで金利を抑える

外で仕事をしている
という方などは、急な出費が発生するという可能性も高いもの
ということがありますね。
そのような時のための対策
というのは、必要なことということができるのではないでしょうか。
そのための有効な方法として、キャッシングという方法があります。
これは、最近では非常に便利なものということができます。

それは、インターネットの利用をすることで、非常に早くその融資を受ける
ということが可能であるようになっています。
最近のキャッシングの利用方法は、
インターネットから審査の申し込みを行い、そして融資の依頼を行う
ということができます。

そのため、もし出先であったとしても、
スマートフォンがあればすべてそこから行うということも可能です。
お金が必要
というときは急ぎである場合が多いため、非常にありがたいサービス
ということができるのではないでしょうか。

また、その金利を抑えるという意味では、一括払いという方法があります。
そうすることで金利の支払いを押さえて利用する
ということが可能になりますので、検討していきたい方法ですね。
次の給料で支払いを行うことができれば大きな金利を支払う必要もなくなる
ということが言えますね。

Read More
TOP

ローンシミュレーションをしてから借りる

消費者金融からお金を借りるなら、ローンシミュレーションを徹底して行なってください。
ローン失敗を防ぐ一番のポイントです。
シミュレーションでは、毎月コンスタントに返済できる金額設定をします。
多すぎても少なすぎてもダメなのです。
多すぎると返済が負担になり、疲れてしまいます。
少なすぎるとローンがなかなか減りません。
他社借入のチェックもしましょう。

1~2件くらいなら借りられる可能性がありますが、3社になると微妙になってきます。

4社になると、ほとんどの業者では融資しません。

これには各社の借入額も関係してくるので、一概には言えませんが、借入件数は少ないほうがいいのは確かです。
昔の消費者金融は、他社借入が7社でも融資してくれるところがありました。
法律が厳しくないので、自社の判断で何でも決められたのです。
10社から借りているのに融資を受けられたという方までおります。
現在の消費者金融は、総量規制の影響を強く受けています。
他社借入が多いと、確実に審査では不利になるのです。
場合によっては、一本化ローンなどでローン件数を減らすことも考えましょう。
一本化しても借入額は減りませんが、ローンの件数は減ります。
これだけでも、審査では有利になるのです。

Read More
TOP

おまとめローンのローン銀行で組む前に経費も計算

複数のローン銀行からの借入金のある方にとって、
ひとつのローン銀行に借入を一本化する、
おまとめローンを組むと、
借り換えすることで平均借入金利が下がり、
それが生涯支払利息の低減につながります。
しかし単純に借り換えといっても、
ただではできません。

あらかじめ計算に入れておきたいのが、
借り換え、つまり
一括返済する際に費用がかかるかどうかです。
一部の消費者金融では、
通常のキャッシングローンでは
借入時に保証金や手数料など費用がかかりませんが、
おまとめローンを組むとこれらを請求してくる場合もあります。

また借り換えして繰上げ返済するローン銀行の多くは、
一括返済時に手数料を請求してきます。
しかもこれら手数料には
今は5%、来年は8%、再来年以降はなんと10%の消費税まで
載ってしまうのです。
つまりはおまとめローンで
平均借入金利が低下しても、
手数料や保証料、
値上げされる消費税で消えてしまう恐れもあります。
もしかしたら逆に足が出る恐れもあります。
まずは繰り上げ返済する業者での手数料、
それに借り換えするおまとめ先のローン銀行での手数料や保証料を
事前に調査する必要があります。

残念ながら、ネット上の比較サイトでは
そこまで踏み込んだ調査内容を盛り込んだサイトは皆無なので、
この調査だけは自分の足で行う必要があります。
とりわけ借入件数の多い方は
それだけ各社に一括繰上げ返済手数料を支払うので、
その出費は十分事前把握する必要ありです。

Read More
TOP

インターネットのみで出来るキャッシングの返済方法

ilm01_ba04002-sインターネットのみでお金を借りることが出来るということは、
インターネットのみでお金を返すこともできるのです。
ひとつは引き落としです。
これは自分が指定した銀行口座に
返済額以上のお金を入れておくと、
キャッシング業者が自動的に
お金を引き落としてくれるという返し方です。
こちらはとても便利なスタイルなので、
利用している人も多いようです。
普段の収入が入ってくる口座を引き落としに指定することで、
払い忘れを防止することができますし、
何より手間がかかりません。
もう一つは振込です。
指定された口座にお金を振り込むという形式です。

ネットバンクがあればとても便利なやり方で、
ネット上からすべての手続が完了します。
その場合、ATMに行く必要もありません。
また、ネットバンキングが利用可能な銀行口座も増えています。
なので、ネットバンキングサービスに申請しておき、
インターネットを経由してネットバンキングによる支払いをすることも可能です。
どちらにせよ、人と会うこともなく利用できるのが利点です
振込も誰かに遭う可能性がないため、
とても管理がしやすいのです。

また、ネットバンキングを利用すると、
忙しい時などでもスマートフォンや携帯電話から
振込をすることが可能になります。

Read More
TOP

キャッシングとショッピング枠

キャッシングとショッピング枠とは、別物になります。
例えば、『キャッシング枠20万円、ショッピング枠80万』
というクレジットカードがあるとします。
そのカードでは、ショッピングは80万できますし、
キャッシング(現金)も20万円まで引き出すことが出来ます。
キャッシングには、2種類あります。

1つ目が一括払いです。
これは、引き出した現金を1回で払いきる、という返済方法になります。
2つ目が、リボ払いです。
これは、例えば50万円をリボでキャッシングした場合、
カード会社にもよりますが、
月々2万とか3万といった固定の金額を支払っていく返済方法になります。
年間の利率が決まっており、
借りた元金に年何%といった形で利息(手数料)がかかってきます。
月々の支払いは、元金分にプラスしてこの利息分を支払うことになります。
キャッシングとショッピング枠はしっかり把握しておく必要があります。

ショッピングで使いすぎたときは、
そのショッピング分をリボ払い(月々いくら払うかが固定される支払い方法です)
にするか、もしくは一括で支払う必要がありますが、
一括で支払う現金がないときには、
キャッシングをしてショッピング一括分を支払うという方法もあります。

現状を把握して、
ショッピングとキャッシングをうまく使い分けることが大切です。

Read More
TOP

現金を引き寄せる笑顔とツヤ

大事なものを大事にする・・・って、
文章に書くと当たり前な話じゃないかと思うかもしれませんが、
意外に実生活ではできてなかったりします。
お金を持ちたいと思っている人は、お金を大事にしてくださいね。
お金を持つ自分自身も大事にしてください。
お金持ちそうに見える人には、特徴があります。

それは、笑顔とツヤです。
不機嫌な人でお金持ちそうに見える人っていないと思うんです。

だからこそ笑顔を心がけましょう。
なんでも形から入るのって大事です。
そしてツヤを出すことを意識してみてください。
わかりやすいのが、
旬のタレントさんでテレビで見ない日がないってくらい出ている方の
お顔をチェックしてみてください。
そのような方たちは、
人相がとてもいいし顔にツヤが出ていると思いませんか。
あのツヤ感こそ、お金に恵まれる福相なのです。
見るからに景気良さそうですものね。

phm21_0165-s顔のツヤは、何かオイルなどを塗るのでも
十分に演出できます。
清潔な格好をしてツヤツヤ、
そして笑顔で輝いている波動
お金に好かれるエネルギーでもあります。
特に笑顔は、一瞬で誰でも顔の筋肉を動かせばできるので、
筋トレだと思ってやってみるといいかもしれません。
お金に好かれる体質になるべく、実践あるのみです。

Read More